乳酸菌の種類とそれぞれの効果

乳酸菌の種類とそれぞれの効果

優参勤あ腸内環境を整えてくれるものだということは有名ですが、実は種類によって効果は少し異なります。
では具体的な効果と種類についてご説明致します。

 

・そもそも乳酸菌とは?

乳酸菌は名前の通り菌の一種です。
菌類には悪玉菌と善玉菌がありますが、乳酸菌の場合は後者の善玉菌になります
善玉菌でもある乳酸菌を体内に補うことで腸内に潜伏している悪玉菌と戦ってくれるのでそれが腸内環境が整う要因になっています。

 

・植物性と動物性

では乳酸菌の種類ですが、大きくわけで植物性と動物性に分かれます。
植物性乳酸菌は味噌や漬物などの植物由来のもので、動物性乳酸菌は牛のミルクなどで作られるヨーグルトやチーズなどです。
植物性は糖が高濃度でも生きることができますが、動物性の場合は糖の濃度が一定でなければうまく生きることができません。
こう聞くと「植物性の方が良い」と思うかもしれませんが、動物性のものも腸内環境を整える効果は十分あるのでできれば植物性と動物性の両方を上手く摂取するのが理想的です。

 

・乳酸菌はどれくらい摂取すればいい?

よく「身体に良いからと言っても食べ過ぎは良くない」という言葉を聞いたことがあると思います。
では乳酸菌も同じなのかというとそういうわけではありません。
基本的に乳酸菌を摂取し過ぎることで副作用が出ることはありません
しかし注意も必要で、漬物や味噌などは乳酸菌以外に塩分も多く含んでいる食材ですし、ヨーグルトでは糖分を多く含んでいる製品もあります。
こうしたものは食べ過ぎることで身体に害を与える可能性もあるので乳酸菌自体は良いものですが、量の加減はある程度は必要です。

 

・一度に大量に摂取しようとしない

乳酸菌を沢山補えば腸内環境も早く改善出来ると思う人もいるかもしれませんが、大切なのは持続することです。
毎日少量でも構いませんので小まめに補うことを心がけることが身体にも良い方法です。
また乳酸菌は大きく分けると植物性と動物性に分かれますが、さらに細かく種類があります。
なので人によっては合う合わないということも出てくるので長く続けながら自分に合った乳酸菌を選ぶということも大切です

 

・まとめ

乳酸菌は身体に良いものですが、だからと言って適当に摂取して健康になれるというわけではありません。
大切なのは乳酸菌の種類を把握して自分に合った乳酸菌を選ぶことです。
自分に合う乳酸菌と出会えれば腸内環境もより改善に繋がりやすくなるのできちんとした知識を頭に入れておきましょう。